TOP > 安心・安全・快適さへの取り組み

安心・安全・快適さへの取り組み

次代のスタンダードとして安全で、地球にやさしいオフィスを実現。

ブリーゼタワーは、テナント企業の声を聞きながら継続的に安心・安全の強化、
省エネ、省資源に取り組むことで、快適な執務環境の提供に努めています。

お問い合わせ

ブリーゼタワーの安全性・省エネ・省資源に関する
設備・運用体制を示す概念図であり、引き出し線は
正確な設備(運用)場所を示すものではありません。

安心・安全

耐震性能

内部に高強度コンクリートを充填した剛性の高いCFT柱を採用。建物の揺れを吸収するオイルダンパ(HIDAX-e)付きのブレースを1フロア4カ所に設置することで、優れた耐震性能を実現しています。

防災備蓄倉庫(地下3 階・9 階)

食料・飲料水をはじめ、帰宅困難者用・徒歩帰宅者用パッケージから避難誘導用品、救護活動用品、初期消火用品に至るまで、1,000人が3日間滞在できる防災備蓄品が保管されています。

セキュリティゲート

オフィス階にはセキュリティゲートを採用した専用エントランス、専用エレベーター、専用カードリーダー、監視カメラが設置され、安心して執務ができる環境が提供されています。

運用・警備体制

地下1階の防災センターには保守・警備要員が常駐し、24時間/365日タワーの安全を守っています。

消防設備・防災システム

超高層ビルに義務付けられている消防設備が設置されており、避難安全検証法においてその安全性が確認・検証されています。火災に際して延焼性が低く、即時に館外に避難する必要のない建物です。

排水における負荷軽減

大雨の場合、雨水を一時的にビル内に貯留し少しずつ排水することで、周辺排水インフラへの負荷を低減。飲食店舗からの厨房排水は、厨房除害設備により適切な処理をしてから外部の下水管に放流しています。

ページTOPに戻る

省エネ・省資源

ダブルスキンファサード

ガラスを二重にすることで、自然光を最大限確保しながら外部からの熱負荷を最小限にとどめます。高層ビルでありながら、換気小窓を開けて自然の風を室内に取り込むことが可能です。

屋上・壁面緑化

低層階の屋上を緑化し、一部の壁にグリーンウォールを採用。8階の会議室は庭園を備えており、自然を身近に感じることができます。またソーラーパネルを設置して太陽光の利用も行っています。

自動調光システム

天井の照度センサーがデスクや床の照度を感知し、事務室の明るさを調光制御します。昼間の外光(太陽光)を有効利用することで、照明負荷を低減しています。

日射負荷の低減

事務室コアを東西に配置し、開口部を南北面にとることにより、年間の日射負荷を低減。南面は東西面に比べピーク時の日射量が少ないため、窓周辺の室内環境も比較的穏やかになっています。

節水型機器

節水型の衛生設備(便器)を使用し「水の無駄づかい」を減らしています。

再生資材・低環境負荷材

電気・空調・衛生設備には再生資材・低環境負荷材を使用。特に冷凍機冷媒および消火設備については環境に配慮し、特定フロンを使用せず代替フロンを採用しています。

ページTOPに戻る

受賞歴

CASBEE大阪 S評価 / CASBEE大阪 OF THE YEAR 2008

建築物がどれだけ環境に配慮しているかを総合的に評価する「CASBEE大阪(大阪市建築物総合環境評価制度)」において最高ランクのサステナビリティランキング「S」の評価を受けました。さらにその評価が特に高い建築物として、「CASBEE大阪 OF THE YEAR 2008」に選ばれました。

第15回大阪・心ふれあうまちづくり賞 奨励賞

この賞は、「すべての人にやさしい街づくり」の模範となる都市施設などを表彰するものです。ブリーゼタワーは、地下1階の入り口にある数段の階段のために福祉対応エレベーターを設置した点や、夜の景観の美しさなどが評価されて、第15回の奨励賞を受賞しました。

DBJ Green Building認証 「プラチナ」取得

株式会社日本政策投資銀行(DBJ)より最高評価「プラチナ」を取得しました。
最新技術を盛り込みながら優れた環境性能を有している点、地域を活性化させるオフィスとしてテナントや地域のオフィスワーカーと協働して種々の取り組みを行っている点、とりわけブリーゼタワーは900席以上収容可能な「サンケイホールブリーゼ」やショッピングゾーン「ブリーゼブリーゼ」を併設しビルが文化や情報を発信する「メディア」となることで、梅田エリアの魅力を大いに高めている点なども高く評価されました。

ページTOPに戻る

BREEZÉ TOWERに関するお問い合わせは

電話番号:06-6633-4036

資料請求・賃貸のご相談などお問い合わせフォームはこちら